私は、以前「はてなブログ」を更新していました。
「はてなブログ」のログインは、インターネットで「はてなブログ」と検索します。
「はてなブログ」のサイトが出てくるので、選びます。
そして、「はてなブログ」のトップページが出てきて、人気があるブロガーさんのブログ記事が掲載されています。
右上の方に、自分のブログにログインできるボタンがセットさせているので、そこからログインすることができました。
例えば、“ダッシュボード”からログインし、設定を直すことができます。
また、”新しい記事”もボタンがセットされている為、すぐに書く事ができました。

しかし、「Ward Press」は違ったのです。
私は全然知らなくて、インターネットから「Ward Press」と検索し、ログインしようとしましたが、できませんでした。
何回も自分のメールアドレスを入力し、IDを入れてもログインできなかったのです。
よく考えてみると、Ward Pressと一緒にConoHaサーバーも契約しました。

そうだ、ConoHaサーバーから、ログインするのではないか?と思い、入ってみました。
やっと、Ward Pressにログインする事ができたのです。
今から、ConoHaサーバーから、ログインする方法を解説いたします。

ConoHaサーバーから、Ward Pressにログインする方法

1.インターネットで、「ConoHaサーバー」を検索します。

2.ログイン画面が出てきます。

3.ConoHaサーバーを契約した時の、【メールアドレス】を入力します。

4.【パスワード】を入力します。

5.【サーバー管理者】のお名前を確認します。

6.【サイト管理】のボタンを押します。

7.アプリケーションインストールの下に、【自分のサイトのURL】が現れます。
 【自分のサイトのURL】を選びます。

8.【管理画面URL】を選びます。
 ※【サイトURL】を選びますと、自分のブログ画面に行く事ができます。

9.Ward Pressの管理画面【ダッシュボード】に、きました。

10.左には、色々な設定ボタンがあります。
 上から、3番目の【投稿】にカーソルをあわせます。

11.【投稿】の横に、またボタンが現れました。
  【新規追加】を選びます。

12.「ここにタイトルを入力」に、ブログ記事の【タイトル】を入れます。

13.すぐ下の「文章を入力、または/でブロックを選択」に、文章を入力していきます。

14.右上の【プレビュー】ボタンで確認します。

15.右横の【公開】ボタンを押し、公開します。

まとめ

私は、ブログの文章を書く所がわからず、一番下の四角い枠の中に入力していました。
そして、プレビューをしましたら、全部サイドバーに記載されていて、驚きました。
「文章を入力」と、ご丁寧に書いてあるのに気付かず、何をしていたのでしょう。
「はてなブログ」に慣れてしまったので、あまりカスタマイズボタンがあると、戸惑ってしまいます。
勉強して、頑張ろうと思います。

Google search consoleの設置方法

Googleアドセンス審査申請前に、「Google search console」「Googleアナリティクス」の登録をした方がよいと、どのサイトもアドバイスをしています。

しかし、「Google search console」「Googleアナリティクス」は、どうして登録しなければいけないのか?イマイチわかりません。

そこで、「Google search console」「Googleアナリティクス」の事を調べてみます。

Google search console

  •  アクセス前のデータを提供してくれます。
  •  サイトの閲覧者を呼び込む為に、役立てます。

出来る事

  •  検索結果の順位を上げます。
  •  クリック率を上げます。
  •  アクセスしてきた“キーワード”がわかります。

    Google search consoleを登録して行きます。

    1.Google search console」とネット検索をします。

    2.【今すぐ開始】を押します。

    3.Google search consoleへようこそ
     「ドメイン」「URLプレフィックス」が現れます。
     右の「URLプレフィックス」を選んで下さい。

    4.https://ww.example.com」に、自分のサイトのURLをコピペして下さい。

    5.【続行】を押して下さい。

    6.「所有権の確認」の下「その他の確認方法」の中から、「HTMLタグ」を選びます。

    7.コードをコピペします。また、戻ってくるので、そのままにしておいて下さい。

    8.Ward Pressのダッシュボード、【Diverオプション】【基本設定】を選びます。

    9.「アクセス解析」の下【Webマスターツール認証コード】の枠に、先ほどコピーしたコードを貼ります。

    必要なコードは、【   】内だけ。content=”【○○○○○○~~~~~~~~~~~~】/
    不要な部分は、削除して下さい。

    10.【変更を保存】を押します。

    11.Google search consoleに戻ります。【確認】を押して下さい。

    12.【所有件を自動確認しました】の文章が現れたら、終わりです。
     これで、Google search consoleは設置できました。

    まとめ

    私の失敗談。
    Googleサーチコンソールの画面上で、「HTMLタグ」の必要部分だけ、コピーをしました。
    そして、Ward Pressの「認証コード」の枠に貼り付けました。
    なんと、枠がおかしな所にふっとんでしまい、悩みました。
    Diverのお問い合わせにもメールをして、解決策をあおぎました。
    「一番良いのは、もう一度、設定し直すことだ。」と思い、やり直しました。
    そしたら、Googleサーチコンソールの枠(見えていない部分)にもコードが隠されていたのです。
    全部コピーができていなくて、Ward Pressにも「何だ、これ。」と弾かれ、枠が変なところに移動してしまったようでした。
    ですから、Googleサーチコンソールでコードをコピーする時は、全文コピーして、Ward Pressに貼り付ける段階で、不要な部分を削除した方が、間違いをおかさなくて良いです。 

    Googleアナリティクスとは

    Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。
    Googleアナリティクスでは、登録したサイトのユーザーの行動に関するデータがわかります。
    方法は簡単で、解析をしたいサイトにトラッキングコードと呼ばれる“JavaScriptのコード”を、貼り付けるだけです。
    サイトを閲覧しに来てくれた方が、ページをアクセスすると、Googleのサーバーがデータ解析を開始します。

    Googleアナリティクスの設置方法

    1. Googleアカウントを作成
    2. Googleアナリティクスアカウントを作成
    3. トラッキングコードの設置

    Googleアナリティクスアカウントの作成方法

    1.【Google Chrome】で、「Googleアナリティクス」と検索しましょう。

    2.「Googleアナリティクス」アカウント作成画面がでてきます。

    3.一番右の「Googleアナリティクス使用を開始」の下【登録】をクリックしましょう。

    4.Googleアナリティクスの設定で、【ウェブ】をクリックしましょう。

    5.「新しいアカウント」画面がでてきます。
     「ウェブサイト」の「アカウントの設定」「プロパティの設定」をしましょう。

    【新しいアカウント名】・・・自分のお名前を登録(本名でなくて良い)

    【ウェブサイトの名前】・・・自分のブログサイトの名前

    【ウェブサイトのURL】・・・自分のブログサイトのURL
     ※「https://」 or 「http://」に気をつけましょう。
     ※自分のブログサイトの記事のURLでは、ありません。
      【ダッシュボード】【設定】から、コピーしてきましょう。

    【業種】・・・自分のブログサイトは、どんな記事を書いているのか、選びましょう。

    【レポートタイムゾーン】・・・「日本」を選びましょう。
     ※「インターネットエクスプローラー」を使用し、Googleアナリティクスを検索、アカウント作成をすると、「日本」はでてきません。

    6.Googleアナリティクスの利用規約、2つに【チェック】を入れ、【同意する】をクリックしましょう。
     ①GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します。
     ②私はGoogleと共有するデータについて、「測定管理者間のデータ保護条項」に同意します。

    7.【トラッキングID】をコピーしましょう。
     ※UA8桁の数字-1桁の数字をコピーしましょう。

    8.WardPressにログインし、【ダッシュボード】【Diverオプション】【基本設定】を選びます。

    9.【Google Analytics】を貼り付けます。

    10.【変更保存】を押します。
     自分のブログサイトに、Googleアナリティクスを設定する作業は以上です。

     Googleアナリティクスの使用方法

    1.【ユーザー】メニュー
     サイトの訪問数、ページビュー数、使用しているデバイス(PC or スマホ)などを、知ることができます。
     【概要】をクリックし、サイト全体の訪問者数を確認する事が出来ます。

    2.【集客】メニュー

    【すべてのトラフィック】→【チャネル】を確認しましょう。

    • Orifanic Search GoogleYahooなどのサイトから訪問
    • Paid Search   検索後、リスティング広告などから訪問
    • Referral     他のサイトリンクから訪問
    • Dosplay     バナー広告から訪問
    • Other      その他

    3.【行動】メニュー
     【サイトコンテンツ】→【すべてのページ】を確認しましょう。
     サイト内のすべてのページのPV数やセッション数などを確認しましょう。

    おすすめの記事