ブログを運営する際、「プライバシーポリシー」の設置は、とても重要です。
Googleアドセンス審査に合格する下準備としても、必要です。
自分のブログサイトを守る為にも、必要となってきます。
下記は、プライバシーポリシーのサンプルです。

「プライバシーポリシー」の設置方法

ブログのプライバシーポリシーを記載(コピペでOKです!サンプルをそのまま転用してください)

「プライバシーポリシー」のサンプル

広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。
Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関して、詳しくはこちらをクリックしてください。
また、『 ブログ名 』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。

【当サイトへのコメントについて】

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
当サイトでは、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  •  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。
記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。
当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込み、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

運営者:ハンドルネール または 実名

初出掲載:0000年00月00日

太字で表記している3箇所は各々のブログに合わせて直してください。

太字で表記している2箇所は各々下記のURLをリンクしてください。

GoogleアドセンスのこちらURL

https://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

GoogleアナリティクスのこちらURL

https://www.google.com/analytics/terms/jp.html

※文章をコピペすると、審査が不合格になるかもしれません。
 少し変更した方がよいです。
 中には、審査でコピペと思われ、PDF化し合格を勝ち取った方がいました。

「プライバシーポリシー」を【固定ページ】に設置する方法

1.固定ページを作成します。
 Ward Pressのダッシュボードメニューバー中央の【固定ページ】を選びます。

2.【固定ページ】に入りましたら、【新規追加】を押します。

3.【タイトル】枠に、「プライバシーポリシー」と入力します。

5.「プライバシーポリシー」の「ブログ名」「日付」などを変更します。

6.確認します。

7.【こちら】の部分に【リンク】の紐付け作業をします。
 【こちら】をカーソルで選びます。

8.そして、【リンク】マークをクリックし、枠の中にURLをコピペします。
 2箇所あるので、2回同じ事を繰り返します。

10.右の端の【パーマリンク】に、「プライバシーポリシー」と入力します。

11.右上の【更新】をクリックします。

12.ダッシュボードの【外観】の上に、カーソルを持っていきます。

13.【ウィジェット】を選びます。

「プライバシーポリシー」を【サイドバー】に設置する方法

14.【利用できるウィジェット】の中に、【固定ページ】を見つけます。

15.【固定ページ】をカーソルで、【メインサーバー】へ引っ張ります。

16.自分のブログに入り、確認作業をします。【サイドバー】に、【プライバシーポリシー】を確認します。

17.試しに【プライバシーポリシー】をクリックしてみます。

 18.そして、【こちら】もクリックし、リンクが繋がれているか、確認作業をします。

まとめ

これで“プライバシーポリシー”を“はてなブログ”に設置する事ができました。
Googleアドセンス審査に近づきました。
合格できるように、お祈りいたします。
私は、以前「はてなブログ」を更新していて、この作業をしました。
Ward Pressの方がわかりやすく、簡単でした。

「お問合せ」の設置方法

私は、以前「はてなブログ」でブログを作成していました。
「お問い合わせ」を作成するといったら、「Googleフォーム」と考えていました。
しかし、Ward Pressには「“プラグイン”機能」という素晴らしい物があり、とても簡単に「お問い合わせ」を作成する事が出来る事を知りました。
そこで、今から「お問い合わせ」の作成の仕方を解説していきます。

「お問合せ」の作成方法

  1. プラグインをインストール
  2. お問い合わせのページのレイアウト設定
  3. お問い合わせのページ作成
  4. プラグインをインストール

Contact Form 7」プラグインをインストール

 1.WardPress画面、左のメニュー下段にある【プラグイン】というボタンを押します。

 2.【新規追加】を選びます。 

3.画面の右上の【プラグインを検索】と書いてある枠に、「Cntact From 7」と入力します。

 

4.「Contact Form 7」が現れます。

5.【今すぐインストール】というボタンを押して下さい。

6.ボタンが青色になります。【有効化】と表記が変わりますが、まだ「有効化」していません。

7.【有効化】ボタンを押して、「有効化」にしましょう。

8.【設定】【停止】という表記が現れたら、「有効化」しています。

「お問合せ」のレイアウト設定

 インストールした「Contact From 7」を編集します。

1.Ward Press画面左のメニューにある【お問い合わせ】ボタンを押してください。

2.【コンタクトフォーム1】を選びましょう。 

 3.白い枠内の内容を削除します。

4.以下の文字列をコピーして、貼り付けて下さい。

<div class="contact">

<div class="name">

<div class="form_title">お名前<span>必須</span></div>

<div class="form_area">[text* your-name]</div>

</div>

<div class="address">

<div class="form_title">メールアドレス<span>必須</span></div>

<div class="form_area">[email* your-email] </div>

</div>

<div class="title">

<div class="form_title">題名</div>

<div class="form_area">[text your-subject] </div>

</div>

<div class="message">

<div class="form_title">メッセージ本文</div>

<div class="form_area">[textarea your-message] </div>

</div>

[submit "送信"]

</div>

5.【保存】ボタンを押して下さい。

6.【保存】が完了したら、青いバーの赤枠部分に「ショートコード」をコピーして下さい。

「お問合せ」のページの作成

1.画面左のWard Pressメニュー【固定ページ】を押して下さい。

2.【新規追加】を選びましょう。

3.タイトル【お問い合わせ】と入力しましょう。

4.本文に先ほどコピーしておいた「ショートコード」を貼りましょう。

5.右上の【更新】ボタンを押します。
 出来上がりました。
 最後に、しっかり「お問い合わせ」機能が、メールに送信できるか確認作業をいたしましょう。
 「あ」だけでも良いので、自分のメールに送信してみましょう。

おすすめの記事