ブログを始めたばかりの時は、ただ記事を書くのに必死。
慣れてくると、“はてなブログ”の同じグループの“気になるブログ”に訪問するようになりました。
そして、ブログを読んでいると、私がネットで検索した“商品広告”がチラチラします。
思わずクリックしたくなってしまいます。
これが、Googleアドセンスに合格している方のブログです。
そこで、私のブログにも「Google広告が貼ることができれば良いなあ」と思いました。
いろいろ“Googleアドセンス審査”について、お調べしましたので、解説していきます。
私は、はてなブログでGoogleアドセンス審査に申請して、2回不合格でした。
不合格の理由は、“プライバシーポリシー違反”2回とも同じです。
そこで、Googleアドセンスについて調べてみました。

私のGoogleアドセンス不合格

f:id:pupopo:20191211151320j:plain

1回目、無料ブログ

  • 独自のドメイン無し
  • プロフィール・お問合せ・プライバシーポリシー無し
  • 10記事
  • 1記事600文字

2回目 有料ブログ

  • 独自のドメイン取得
  • プロフィール、お問合せ、プライバシーポリシー有り
  • 35記事
  • 1記事1,000文字~2,000文字
  • カテゴリー3つ(美味しい物・映画・読書)

不合格の理由、プライバシーポリシー違反

f:id:pupopo:20191211151439j:plain

原因①

私のブログは、映画の感想や、書評、食事処を紹介するブログでした。
推理小説やミステリーなどの内容説明や感想は、Googleが好まない単語を含んでいました。

原因②

最初は“はてなブログ無料版”で、審査の申請をしました。
その後、“有料版”にして申請した為、無料版URLと有料URLがGoogleにインデックスされました。
重複コンテンツが発生してしまいました。

結果

怪しいブログ記事を削除し申請を試みようと思いましたが、記事数が多く、わからなくなりました。
その結果、新しいブログを作り、再度申請をする事にしました。

合格するための記事の書き方

1.記事数は関係ない

10記事で受かっている方がいます。
(記事が少なくて合格している方は、1つのブログの文字数が2,000文字以上)

2.カテゴリーは3~5つ

1つのカテゴリーの中の5つ以上記事があると良いそうです。
カテゴリーが多いと、雑記ブログの扱いになり、合格しづらいそうです。
(カテゴリーの中の記事が2つで、不合格になった方がいました。)

3.文字数は1,000文字以上

最低でも1,000文字以上の記事だそうです。
(1,000文字に足りない記事は、頑張って修正する)

4.役に立つ記事を書く

Googleの検索機能を使い、役に立つブログを書いた方が合格しやすいそうです。
(日記のようなブログは、合格するのが難しいそうです。

例:〇留学に持っていくと便利な物 ×留学に行ってきた)

  1. 見出しをつける(SEO対策にもなる)
  2. 目次をつける
  3. 改行をし、読者に読みやすい記事にする
  4. 適度に画像を貼る(著作権が絡む画像は使用しない。無料画像(Pixabayがお勧め)を使用する)
  5. 記事にカテゴリーをつける

5.Googleアドセンスの申請は、10記事から30記事

記事が少ないと不合格になり易く、多いどの記事が原因で不合格なのか?わからなくなります。

6.PV(アクセス数)数は関係ない

PVが多い方が不合格で、PVが少ない方が合格した例があります。

合格するために行っておくこと

1.Googleのアカウントを取得する

Googleアドセンスは、Googleのアカウントを持っていないと申請できません。
持っていない方は、Googleのアカウントを取得しましょう。

2.はてなブログを有料版(はてなPro)にする。

無料版はてなブログURLと、有料版はてなブログURLの記事がGoogleにインデックス(登録)されます。そのため、“重複コンテンツ”扱いになってしまい不合格の原因になっている方がいます。

3.独自ドメインを取得する

独自のドメインを持っていないと、Googleアドセンスに申請できません。
はてなProになり、初めて“独自のドメイン”を取得できます。

4.プロフィール欄を作る

自己紹介、どのようなブログなのか、読者にわかるように書く。

5.プライバシーポリシーの固定ページを作る

Googleアドセンスのプライバシーポリシー違反になるジャンル
お酒・タバコ・ドラック・ギャンブル・暴力・アダルト・ ポイントサイト
(アドセンスポリシーの基準は、「子供に読ませても大丈夫な記事か?」だそうです。)

6.お問合せの固定ページを作る

Googleのフォームから作成することが出来ます。

7.他のサイトのリンクは削除

他のブログでは、有益な記事の紹介は合格に結び付けやすいと書いてあります。
しかし、著作権に絡んだり、許可を得ていなかったり、他のブログの内容のせいで不合格になる危険性もあります。

Googleアドセンスプライバシーポリシー違反について

1.「YMYL」について

「YMYL」とは、Google の検索品質評価ガイドラインに出てくる言葉です。
「Your Money(ユアマネー) or Your Life(ユアライフ)」の略です。
お金・健康に関連する記事で、「読者に誤った情報を与えてしまう可能性がある物は、Googleアドセンスに合格できない。」という意味です。
専門的な記事の「“正確性”を問いただす」ということです。
美容・健康・法律・資産運用・金融取引などの分野は、合格するのが難しいということです。

  •    美容・健康(病気・医薬品・栄養)
  •    法律(離婚・税金)
  •    資産運用(株・FX・NISA・税金対策)
  •    金融取引(ネット銀行・通販サイト報)

2.タイトルと内容の相違

タイトルと内容が違う記事を書かないようにしましょう。
ブログのタイトルの答えを、記事の内容にするということです。

例 :×タイトル「東京駅グルメツアー」
内容:「東京駅周辺の観光地の紹介で、食事処がない文章」

食事処の紹介がないのに、“グルメツアー”のタイトルは、おかしいです。

3.記事と関連しないアフィリエイト広告

記事と全く関係のないアフィリエイト広告を貼ることは、読者さんに対し迷惑です。
Googleアドセンス審査で、アフィリエイトを貼っていても合格できた方もいますが、合格確立を上げるため、アフィルエイト広告は申請前に、削除しておいた方が良いかもしれません。

4.画像は著作権に違反しない物

記事に画像を貼ると、合格確立が上がるという方もいます。
しかし、見栄えが良いからと言って、著作権にひっかかるような画像の使用はやめましょう。
画像を貼るなら、フリー素材を貼りましょう。

 1回目の審査から2週間あける

1回目のGoogleアドセンス審査に不合格し、次回申請する時、2週間あけないといけないという、噂があります。
本にも書いてありましたし、「ロボットが自動的に弾く」とも、言われています。
2週間あけずに申請し、合格を勝ち取った方もいます。
私は、2回の申請とも、その日のうちに不合格の通知を受け取り、2回目の通知は夜11:00に来ました。
Googleの方が、夜11:00に会社で働いているとは、考えにくのですが・・・。
合格率を上げるために、2週間あけた方が良いと思いますが、申し訳ありませんが、わかりません。

 Googleアドセンス審査の申請方法

f:id:pupopo:20191206103326p:plain

※Googleアドセンス審査の申請には、アカウントが必要です。

f:id:pupopo:20191206103312p:plain

1.【メールアドレス】 or 【電話番号】を入力しましょう。

2.【次へ】をクリックしましょう。

f:id:pupopo:20191206103256p:plain

4.【お客様のウェブサイト】にきました。

【サイトのURL】を入力しましょう。

例:https://www.○○○○○.com/ が、ブログURLだとします。

www.○○○○○.com と入力します。

はてなブログ → 設定 → 基本設定 → ブログURLコピー → 貼り付け → https://削除しましょう。

5.【メールアドレス】入力しましょう。

6.【AdSenseの有益な情報】の受け取りの選択をしましょう。

f:id:pupopo:20191206103240p:plain

7.【国または地域を選択】の画面にきました。
スクロールで「日本」を選択(下の方にあります)
 ※Googleアドセンスを申し込む時は、”Google Chrome”を使用してください。
 インターネットエクスプローラーで、Googleアドセンスを申請すると「日本」を発見できません。

8.【利用規約をご確認のうえ、同意して】にチェックを入れましょう。

9.【アカウントを作成】をクリックしましょう。

f:id:pupopo:20191206103224p:plain

10.【アカウントの種類】は「個人」を入力しましょう。

11.【名前と住所】「郵便番号」「都道府県」「市区郡」「住所番地「建物名」「名前」「電話番号」入力しましょう。

12.【送信】クリックしましょう。

13.【電話番号の説明】にスマホの電話番号を入力しましょう。

14.【ショートメール】 or 【通話】を選択しましょう。

15.【確認コードを取得】をクリックしましょう。

16.【6桁の確認コード】をショートメール or 通話で受け取りましょう。

17.【6桁の確認コード】を入力し、”送信”をクリックしましょう。

f:id:pupopo:20191206103205p:plain

18.【AdSenseコード 】の下枠のコードをコピーしましょう。

f:id:pupopo:20191206103136p:plain

19.はてなブログの【ダッシュボード】を開きましょう。

f:id:pupopo:20191206103056p:plain

20.設定 → 詳細設定 【headに要素を追加】の枠に貼り付けます。

f:id:pupopo:20191206103040p:plain

21.設定を変更します

【変更する】をクリックしましょう。

f:id:pupopo:20191206102953p:plain

22.【サイトにコードを貼り付けました】をクリックしましょう。

23.【完了】をクリックしましょう。

Googleアドセンス審査に申請できました。
私は、夜の11時(5時間後)に不合格を頂きました。
合格の方は、約1週間以内でお返事を頂くことが多いそうです。
審査用コードの貼り付けは、とってもかんたんです。
※合格後は、貼り付けた審査用のコードは消しましょう。

 まとめ

いろいろ“Googleアドセンス”について、調べると

「無料ブログで合格できたよ。」

「1,000文字なかったけど、合格できたよ。」

「8記事で合格できたよ。」

「日記ブログで合格できたよ。」

「雑記ブログで合格できたよ。」

「アフィルエイト貼りっぱなしで、合格できたよ。」

など、「なにが正しい道なのか?」わからなくなります。

人間誰しも、簡単な方法で合格したい、苦労や時間の浪費はしたくありません。
Googleアドセンスの合格の情報は、新しい情報を得る事が大事になってきます。
2018年10月以降の記事を読みましょう。
2018年9月頃から、審査の基準が厳しくなり、合格しづらくなりました。
2016年以前の情報は古く、「2次審査があった。」という記事も古いそうです。

おすすめの記事