私の住居は約100世帯が居住するマンションです。
最近、動画を見る方、ネット通販をする方が増え、夜になるとパソコンの動きが遅くなります。
急ぎの仕事を自宅でしていると、パソコンが固まってしまい困ってしまいます。
そこで、ドコモ光に電話して相談する事にしました。

現在の様子

NTTフレッツ光のルーター使用、ドコモ光で契約。
ルーターの種類:RV-S34ONE

内容

PPPoE 光電話対応ルータ VDSL

変更希望のルーター

IPoE 光電話対応ルータ VDSLに変更したい IPv4 ver IPv6

現在使用中のNTTルーター RV-S34ONE は、PPPoE で IPv6対応です。
しかし、PPPoEでは土管が細く、今より土管が太いIPoEにしたいのです。

電気屋さんで相談

スマホを購入するついでに、電気屋さんで相談してみました。
私がマンションに居住している事を伝えたら、店員さんに「速くする事は無理」と言われました。
戸建居住だったら、電柱から直接線を繋いで、速くする事はできるそうです。
一応“橋本環奈”が表紙の「ドコモ光」のパンフレットを頂き、ドコモ光の電話番号も教えて頂き、帰宅しました。

ドコモ光に相談

まず、電話受付の女性では対応できず、「光担当のインフォメーションセンター」の男性が対応して下さいました。
やはり「マンションでは無理、戸建だったら可能」と電気屋さんと同じ事をいわれました。

無理無理な方法を3つ提案されました。

  1. マンションの外壁に穴、ビスで止め、無理矢理に電柱から線を引く
  2. 最新式のパソコンを購入する
  3. ドコモ光を解約、再契約し、最新式のルーターを手に入れる

①マンションの外壁に穴、ビス止め、無理矢理に電柱から線を引く

私の住んでいるマンションの階は、普通の戸建住宅より上です。
電気屋さんからは「電柱から線を引くなんて、絶対無理」と言われました。
しかし、光担当の男性は「高層階でもOK、電柱から線を繋いだことあります。」
「しかし、管理組合に外壁に穴を開ける許可を取れますか?」
「外壁にビスで止めることできますか?」と聞いてきました。
部屋は分譲なので私物ですが、外壁は共有物なので、許可を管理組合に得る事は難しく、何年掛かることでしょう?

マンション居住している方には、高齢者も多く「パソコンに興味がなく、まして速度なんてどうでも良い」と考える方が多いです。
マンションが建設された当時“J-COM”が流行っていて、マンション自体がそれなのです。
契約が残っているのか、「NTTに変えましょう」という議題をあげるのが面倒なのか、わかりません。

②最新式のパソコンを購入する

2年前にマックを購入したばかりで、もう最新式の物に購入するなんて、よほどお金が余っている方しかできません。
家庭で使用しているパソコンに、そんなに我が儘は言えません。

③ドコモ光を解約、再契約し、最新式のルーターを手に入れる

光担当の男性は“裏技”のように言っていました。
そして「解約して再契約する人なんて、ほとんどいないよ」
「普通、ルーターが壊れた場合にしか、交換なんてしていないから」
「光の会社が許可するかどうか・・・?」
「解約費用、どうなるかね?」
と言い、私が無理難題を言っているような気持ちになってきました。

プロバイダにメール

私のプロバイダにメールしました。
このプロバイダはドコモ光と仲良しです。
次の日、返事が来て「ドコモ光に連絡して下さい。」
マンションに居住している物は、パソコンの速度が遅くても、我慢しなければいけないのでしょうか?

工事なしの解決方法

電気屋さん、ドコモ光に相談しても「ただネットの速度が遅い事を悩んでいる」のに解決しません。
言いたい事が伝わっていないのかも・・・。
そこで「同じお悩みを持っている方のサイト」を検索して、参考にしました。

ルーターを増やす

ドコモオンラインショップで「ドコモ光ルーター01」を購入
自分のプロバーダー(私の場合:ぷらら)が対応しているルーター(私の場合:ドコモ or バッファロー)を購入しました。
「ドコモ光ルーター01」の回線機能は、PPPoEブリッジ、IPV4overIPV6通信モード
希望のIPoEと説明書にありませんが、ネットで検索すると「IPoE対応ルーター」と出てきます。
対応ルーターは「プロバイダーのホームページ」に掲載されているので、調べましょう。
プロバイダーと契約した日から、年数が経っていた為、マイページから入り IPv6 対応に設定し直しました。
工事なし、ルーターを購入しただけで、ネットの速くなりました。

ルーターを追加する前

ルーターを追加した後

ドコモ光ルーター01 について

本体付属品

  • ドコモ光ルーター01
  • ドコモ光ルーター専用ACアダプタ01
  • LANケーブル(試供品)
  • ドコモ光ルーター専用スタンド01
  • Wi-Fi設定シート
  • かんたんセットアップマニュアル
  • ご利用にあたっての注意事項

3つの特徴と主な機能

  • ルーター設定に関するお悩みは「遠隔設定ボタン」でドコモにおまかせ
  • 家庭内ネットワークをインターネットの脅威から守る
  • 11ac対応867Mbpsの無線LAN環境をコンパクトサイズで実現

主な機能

無線LAN機能

  • 11ac/11n/11a/11g/11b対応
  • クワッドチャンネル
  • オートチャンネルセレクト
  • TVモード
  • Wi-Fiアルバンド中継機能

ルーター機能

  • アドバンスドNAT
  • ポートマッピング
  • UPnP
  • IPバンケットフィルタリング
  • ダイナミックポートコントロール(SP)
  • DHCPサーバ
  • VPNパススルー

 無線LANセキュリティ

  • WPA2-PSK(AES)
  • NPA/WPA2-PSK(AES)
  • VPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
  • WEP(128bit)
  • MACアドレスフィルタリング
  • ESS-IDステルス機能
  • マルチSSID(ネットワーク分離機能)
  • SSID内分離(セパレータ)

 回線機能

  • PPPoEブリッジ
  • IPv6ブリッジ
  • PPPoEルータモード
  • ローカルルータモード
  • IPV4overIPV6通信モード
  • ブリッジモード

接続の仕方

接続して電源を入れてみよう

  1.  本製品にスタンドを取り付ける
  2.  本製品のWANポートとONUもしくは光電話対応ルーターのLANポートを、LANケーブルで接続する
  3.  ONUもしくは光電話対応ルーターの電源を入れる
  4.  本製品の電源を入れ、約60秒待つ
  5.  本製品のPOWERランプが黄緑点灯、2.4GHz、5GHz、WANランプが黄緑点灯または黄緑点滅する

Wi-Fi接続しよう

 設定に必要な情報を確認する

  •   ネットワーク名(SSID) ご利用の子機から、本製品のネットワーク名(SSID)を選択します。
  •   暗号キー(セキュリティーキー、パスフレーズ、ネットワークキー、パスワード)
      選択したネットワーク名(SSID)で使用している暗号化キーを入力します。
      お買い上げ時の値は、半角英数字(0~9、a~f)を使用した13桁です。

iPad/iPhone/iPod touch(iOS端末)の場合

  1.  ホーム画面で「設定」をタップする
  2.  「Wi-Fi」をタップする
  3.  「Wi-Fi」を「オン」にする
  4.  ネットワークの一覧の中から、本製品のネットワーク名(SSID)をタップする
  5.  「パスワード」に本製品の暗号キーを入力して、「接続」または「Join」をタップする
  6.  ステータスバーに下記のアイコンが表示されることを確認する

スマートフォン/タブレット(Android端末)の場合

 WPS機能を利用してWi-Fi接続する

  1.  Android端末アプリ一覧画面で「設定」をタップする
  2. 「Wi-Fi」をタップする
  3. 「Wi-Fi」が「ON」になっていることを確認して、「メニュー」-「詳細設定」をタップする
  4.  Wi-Fi詳細設定画面から、「WPSプッシュボタン」をタップする
  5.  ボタン押下の案内画面が表示されたら、本製品のらくらくスタートボタンを長押し(約10秒)し、POWERランプが黄緑点滅したら離す
  6.  「Wi-Fiネットワーク「“dhr01-xxxxxxxx-X”」に接続しました」画面が表示されたら「OK」をタップする
  7.  Wi-Fi機器一覧で「接続済み」と表示されることを確認する

無線LAN内蔵パソコンの場合

  1.  パソコン無線(ワイヤレス)機能を有効にする
  2.  通知領域(タスクトレイ)に表示されているネットワークアイコンをクリックする
  3.  ネットワーク一覧の中から、本製品のネットワーク名(SSID)を選択し、「接続」をクリックする
  4.  WPSで設定する場合は下記【手順A】、手動で設定する場合は下記【手順B】で設定する

  手順A WPS機能を利用してWi-Fi接続する

   「ルーターのボタンを押して接続することもできます」と表示されたら、本製品のらくらくスタートボタンを長押し(約10秒)し、POWERランプが黄緑点滅したら離す

  手順B 暗号化設定を使用してネットワークに接続する(手動で設定する場合)

   本製品の暗号化キーを入力して「次へ」をクリックする

3.インターネットに接続しよう

・黄緑点灯の場合

 STEO2でWi-Fi接続した子機で、WWWプラウザ(Microsoft Edge、Internet Explorerなど)を起動し、インターネットのホームページ(任意)にアクセスし、接続できることを確認してください。
 以上で設定は完了です。

・橙点滅の場合

 本製品の電源をいったん切って電源を入れ直し、約180秒お待ちください。
 ACTIVEランプが黄緑点灯に変わったら、STEP2でWi-Fi接続した子機で、WWWプラウザ(Microsoft Edge、Internet Explorerなど)を起動し、インターネットのホームページ(任意)にアクセスし、接続できることを確認してください。
 以上で設定は完了です。

・消灯の場合

 STEP2でWi-Fi接続した子機で、WWWプラウザ(Microsoft Edge、Internet Explorerなど)を起動し、インターネットのホームページ(任意)にアクセスすると、「らくらくネットスタートLite」が起動します。
以上の手順で操作してください。

  1. 「ユーザー名(上段)に「admin」を「パスワード」(下段)に管理者パスワードを入力し、「OK」をクリックする
  2. PPPoEの設定が必要な場合は自動的に下の画面が表示されるので、プロバイダからの書類に記載の接続ID/パスワードをユーザー名/パスワードへ入力する
  3. 下の画面が表示されたら、内容をよく読んで「OK」をクリックし、本製品を再起動させる

おすすめの記事