オーストラリア短期留学 2019年

オーストラリアの生活

滞在場所:オーストラリア ブリスベン

滞在期間:1ヵ月

コース:週25時間 土日休み
    学校の寮に滞在、個室で自炊

時差:日本とブリスベンの時差は+1時間。
   ブリスベンの方が進んでいます。サマータイムは無いです。

気温:ブリスベンの11月の平均最高気温:28度 平均最低気温:19度

服装:半袖、薄手の上着(セーター、カーディガンなど)

通貨:オーストラリアドル 1AUD=81.86円(2019/10/7現在)

電圧:230V 50HZ
   PC、デジカメ、スマホ、携帯電話等は変圧器がついている場合が多い。
   ドライヤー、ヒゲソリ、湯沸かし器等は、自分で変圧器を準備するか、
   世界対応の物を使用する。

飲み水:水道水を飲むことはできます。
    しかし、健康の事を考え、ミネラルウォーターを飲む方が良いです。

具合が悪くなったら:
オーストラリアの健康保険が使えない為、病院にかかると高額医療費を請求されます。
日本出国前に必ず海外旅行傷害保険に加入。
頭痛薬・解熱剤・酔い止めはドラックストアで購入できましが、日本人には効きすぎてしまいます。

オーストラリアの学校の特徴


ブリスベンにキャンパスを持つ私立の語学学校。
資格を持った経験豊かな講師陣による100%直接指導の対面授業を実施している。
日本でおなじみのTOEICや、ヨーロッパで人気のIELTSやケンブリッジ検定といった試験対策コースも提供。
日本人スタッフが常勤し、学校スタッフのサポートや授業内容など、行かれた方の満足度が非常に高い学校。

都市:ブリスベン

交通手段:ブリスベン国際空港から車で近距離。最寄りのバス停もあります。

全校生徒数 700人(男女比55:45)
1クラス平均生徒数 15人
レベル分け 6段階
日本人の割合 15%
その他留学生の国籍
イタリア・コロンビア・スイス・スペイン・タイ・チェコ・チリ・ドイツ・ハンガリー・フランス・ブラジル・マレーシア・台湾
入学時のテスト内容 インタビュー・スピーキング・ライティング・リーディング

その他の費用

  • 入学金 250ドル
  • 教材費 週18ドル
  • 学生寮手配費 260ドル
  • 学生寮宿泊費 週245ドル
  • 空港ピックアップ ブリスベン空港(片道145ドル/往復240ドル)

留学のコース

コース 午後から、ビジネス英語・TOEIC・TOEFLから選択
進学者コース IELTS・TOEIC・TOEFL
ケンブリッジ英語検定コース 初中級のPET~最上級までのCPコース
専門コース Diploma・Advanced Diplomaコースへの編入もできる
  • 一般英語コース
  • 一般英語パートタイムコース
  • IELTS試験対策英語コース
  • TOEIC試験対策英語コース
  • ケンブリッジ試験対策英語コース
  • サマーキャンプ・プログラム
  • プライベート授業

一般英語コース

  • 1~11週間 週450ドル
  • 12~24週間 週440ドル 1授業当た60分
  • 25~40週間 週430ドル
  • 41週間以上 週400ドル

オーストラリア留学1ヶ月 学費例

2019年9月現在

プログラム費用

内訳現地通貨A$単価
入学金$24019,21419,214
授業料$1,480118,489118,489
教材費$645,1245,124
合計142,827
合計142,900

滞在費用

内訳現地通貨A$単価
宿泊手配費$24019,21419,214
滞在費用$1,580126,495126,495
清掃費$957,6067,606
空港出迎え費$23018,41418,414
合計171,729
合計171,800

航空費用

内訳単価
航空券代122,500122,500
燃料サーチャージ4,4504,450
海外空港諸税4,5204,520
国内空港施設利用料2,6102,610
国際観光旅客税1,0001,000
取扱手数料8,8008,800
合計143,880

その他費用

内訳単価
取扱手数料55,00055,000
海外送金手数料5,5005,500
ETAS代行手数料3,3003,300
合計63,800

総額

合計522,380

オーストラリア留学に持っていけば良かった物

持って行って良かった物

  • タッパー
  • ラップ
  • ウェットティッシュ
  • パスタソース
  • レンチンのボンカレー
  • サトウのご飯
  • 洗濯ネット

タッパー

寮にお皿がないと困ると思い、日本で大きなお弁当箱くらいの大きさのタッパーを購入し持参。
留学生は節約の為、ほとんどがお弁当を作って持ってきていました。
朝、パスタや野菜炒めを作って、タッパーに入れ、学校に持って行きました。

ラップ

スーパーで大量購入した野菜、肉を小分けに分け、冷蔵庫に保存していました。
オーストラリアにもラップは売っていたけれど、持って行ってよかったです。

パスタソース

オーストラリアのパスタソースは、トマト味が多く、瓶詰め「開封後、賞味期限3日」
小分けのパスタソースがありません。
日本のパスタソースは、お弁当を作るのに役に立ちました。

レンチンボンカレー

夕飯を作るのが面倒だった時に、役に立ちました。
アジアンマーケットには、“レトルトカレー”がなく、“カレールー”しか売っていませんでした。

サトウのご飯

滞在が1ヵ月だったので、サトウのご飯6個で間に合いました。
しかし、それ以上滞在する子たちは、炊飯器とお米を購入していました。
炊飯器は2,000円で購入可、帰国時に学校の友達にあげていました。

持っていけば良かった物

  • 水筒
  • 菜箸
  • スリッパ
  • エコバック
  • はさみ
  • スーパーの袋
  • サンダル

水筒

ペットボトル飲料の小サイズの値段が高いので、大きなサイズの飲料を購入していました。
水筒があれば、そこから必要量だけ入れ、学校に持って行く事ができたのに・・・。
ないので、空の小さなペットボトルを水筒代わりにしていました。

菜箸

パスタをゆでる時に必要でした。
寮のキッチン用具には菜箸がなく、トングで麺をゆでるのは、難しかったです。

スリッパ

寮にスリッパがなく、ダイソーで購入しました。2.8ドル

エコバック

買物する時、袋はすべて有料です。
たまたま持っていた日本のスーパーの袋が、大活躍しました。

ウェットティッシュ

外食でお手拭きは出てこないので、ウェットティッシュが大活躍。
寮で調理したあとのキッチン周りを拭いていました。

はさみ

馬鹿力で袋を開けていました。
はさみがあれば楽だったのに・・・。

スーパーの袋

ゴミ袋がなく、日本のスーパーの袋を数枚もっていけば良かったと思いました。

サンダル

日本と季節が逆だった為、日本が冬、オーストラリアは夏。
サンダルを忘れてしまいました。
持って行けば、海岸をサンダルで歩く事ができ、暑い思いをしないですんだのに。

購入した物

  • 皿洗い洗剤
  • 皿洗いスポンジ
  • 洗濯洗剤
  • 調味料
  • 食材

要注意だった物

  • リセッシュ
  • 包丁
  • トースター

リセッシュ

行きの成田空港、預け荷物のX線検査でひっかかりました。
“カビキラー”と間違えられ、スーツケースを開ける事になりました。
オーストラリアに持って行く事ができたけれど、帰りの飛行機でひっかかるのが嫌だったので、全部使いきりました。
噂では、リセッシュはダメでも、ファブリーズはOKと言われています。

包丁

たまたま寮のキッチンの包丁が全然切れなくて、野菜は手でちぎっていました。

トースター

友だちの部屋のトースターは、前の滞在者が使用したパンかすだらけでした。
長期滞在する友達は、ホットサンドメーカーを購入していました。

番外編

韓国に“たらこパスタソース”がなく、留学生に教えてあげました。
とてもハマってしまいアジアンマーケットで購入していました。
また、“食べるラー油”にも興味を示していました。

寮の部屋は、1人部屋が良いと、ほとんどの経験者は言います。
韓国の子は6人で一軒家、コロンビアの子は10人で一軒家、全くプライベートがないそうです。

ポケットチェンジ

ポケットチェンジとは

GOOD DESIGN AWRD 2018を受賞
すべての端末で10通貨に対応

対応通貨は続々追加予定

日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン・台湾ドル・シンガポールドル・香港ドル・タイバーツ・べトナムドンの10通貨に対応しています。
ただし、一部の通貨は、お札のみの交換対応となります。

ポケチェして帰ろう!

ポケットチェンジは空港や駅に設置された便利なマシン。
海外旅行で余った外国コインや外国紙幣を投入すると、その場ですぐに、電子マネーやギフトコードに交換できます。
 日本人旅行者の余った外貨も、訪日外国人の余った日本円も。
もう、海外旅行で余ってしまう現金を心配する必要はありません。

1.便利な交換先が豊富

日本在住の旅行者は勿論、主要な訪日外国人の方々が自国で便利に使える多様なサービスに交換可能。

2.操作は簡単・スピーディ

タッチパネルを操作して、お金を投入するだけで完結。端末上での面倒な入力作業は一切不要。

3.安心・安全

メールアドレスや電話番号の入力は不要のため、個人情報も取り扱わず、取引は安心・安全。

使い方

1.交換先サービスを選択

お住いの国や渡航先の国・地域などに応じた、ご希望の交換先サービスをタッチして選択します。サービスごとの上限金額や下限金額がご確認できます。

2.現金を投入

現金投入画面になったらコインと紙幣を投入します。
いろいろな通貨のコインと紙幣を一緒に投入することができます。
コインは、複数枚まとめて投入することができます。
非対応のコインや紙幣、読み取れなかったお金は、返却するか寄付するかを選択することができます。交換先サービスを決定、

3.交換を完了

交換先サービスと交換金額を確認し、交換を完了します。
ここで、交換レートを確認することができます。
タッチ型の電子マネーを選んだ場合は、カードまたはスマホをかざしてその場でチャージできます。
ギフト券やクーポン券を選んだ場合は、ギフトコードやクーポンコードが記載されたレシートが出力されるため、記載内容にしたがって、交換先サービスごとの手続きにお進みください。

設置場所

旅行帰りの空港や近くの街の中にあります。
日本全国の空港や旅行代理店、商業施設などに設置されております。
設置場所によって対応している内容が異なりますので詳細をご確認ください。
端末の設置場所は続々追加を予定しております。

関東

  • 羽田空港 国際線ターミナル到着ロビー2階
  • 京急線 羽田空港 国際線ターミナル駅2階
  • 羽田空港 国内線旅客ターミナル 第1ターミナル1階到着ロビー南側
  • 羽田空港 国内線旅客ターミナル 第2ターミナル1階到着ロビー南側
  • 成田空港 第1ターミナル中央ビル本館1階
  • 成田空港 第2ターミナル3階 出国フロア61番ゲート手前
  • 成田国際空港 第2ターミナル1階 国際線到着ロビー
  • JR東京駅 丸の内北口JR EAST Travel Service Center外貨両替所
  • 全部で関東に37箇所

交換先

日本の電子マネー・ギフトカードを始め、様々な国でご利用できる交換先をご用意しております。
交換先によってお受け取り方法や交換可能額が異なりますので詳細をご確認ください。
対応サービスは続々追加を予定しております。
交通系電子マネー 楽天Edy App Store&iTunesギフトカード Amazonギフト券 WAON nanaco

おすすめの記事